読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバの伝え方次第でおっぱいは揉める⁈(佐々木圭一さんの『伝え方が9割』を読んでみた。)

商品紹介

注意!

この記事は商品紹介です。

 

突然ですが、皆さんは話が上手な芸人、言葉を商売にしている小説家や作詞家の人たちが才能だけで飯を食っていると思ってはいませんか?

人のコトバというのは多かれ少なかれ生まれ育った環境や長い間の経験に影響されますからそう思うのも当然のことです。

しかし驚くべきことに答えはNOです。

確かにコトバを使うお仕事をする方の中には才能だけで食っている人もいます。ですがそんな人は極めて稀です。では残りの多くの人たちは...

実はコトバの伝え方には技術があるのです。

つまり人の心を動かす強いコトバはつくることができるのです。

そして彼らはこの技術を使用しているです。(意識しているかに関係なく)

だから芸人は話が上手なのです。

そんな彼らの技術『コトバの操り方』を分析して、誰でも使えるような形にしたのがコピーライター佐々木圭一さんが著者の『伝え方が9割』という本。 

 

この本の中では、

  • 『ノー』を『イエス』に変える技術
  • 『強いコトバ』をつくる技術

の2つを習得することができます。

この記事では上の2つのうち、『ノー』を『イエス』に変える技術について紹介します。

 

目次

『ノー』を『イエス』に変える技術

言葉の選び方、使い方だけで、『ノー』だったものを『イエス』に変えてしまえれば、これからの人生を変えることができてしまいます。

『イエス』に変える3つのステップ

どんなお願いであったとしても、この3つのステップを踏むことで「イエス」をもらう可能性をぐんっと上げることができます。

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

 つまり、こちらのお願いが相手にとってメリットになるようにすればよいということです。

た、確かに...

自分のメリットになることなんて滅多に断らないですもんね。

皆さんは普通に生活している中でこの3つのステップを意識してお願いをしたことがありますか?僕はないですね。(今度飯おごるから〜してくれない?という方法はよく使っていました笑)

『イエス』に変える『7つの切り口』

上の「2.相手の頭の中を想像する」ときの、とっておきの7つの切り口があります。

相手の頭の中を想像したときに、最も相手の心が動くであろうものを選択して使います。具体的な例と一緒に見ていきます。知っておくと本当に人生が変わりますよ。

1.相手の好きなこと

こちらはあなたの求めることをストレートに言うのではなく、「相手の好きなこと」からつくることにより相手のメリットに変える方法です。

そう言い換えることによって、「イエス」をもらえる可能性が上がります。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「僕、おっぱいを大きくするマッサージを知ってるんだけどよかったらどう?」

➡︎相手の好きなこと(より女性らしくなること)をもとにつくり、相手のメリットに変わった。

2.嫌いなこと回避

一方で相手の嫌いなことからつくることもできます。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「ほんと、〜ちゃんのノリいいとこ好きだわ。おっぱい揉ませてよ。」

➡︎相手の嫌いなこと(ノリが悪いと思われ、嫌われるかもしれない...)からつくり、あなたのお願いを聞くこと(ノリが良いと思われ、好かれる)が相手のメリットに変わった。

3.選択の自由

2つ以上の相手の好きなことを並べることで、前向きに相手が選べるようにする技術です。人の「決断」が苦手で「比較」が得意という習性を利用します。

選択の自由があること自体が相手にとってのメリットになるので、よりあなたのお願いが受け入れられる可能性が増えます。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「財布かバッグを買ってあげるからおっぱい揉ませてよ。」

➡︎こっちがいい、という「比較」は非常に簡単にできる。相手の好きなものである上に、選べることで、相手のダブルメリットとなる。

4.認められたい欲

人は誰も認められたいという欲を持っています。そしてそれを満たすためにちょっと面倒なことでもやろうと思うのです。それを利用します。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「きみのおっぱいはとても魅力的だね。本当に素晴らしいおっぱいだ。少しだけ揉んでもいいかな?」

➡︎認めているコトバから始まっていることで、少しぐらいならいいかなという気持ちが生まれる。 

5.あなた限定

人は「あなた限定」に弱いです。そこに付け入ります。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「他の誰のおっぱいでもない。あなたのおっぱいが揉みたいのです。」

➡︎「私にしか叶えられない望みだ。」と思わせ、心を満たすことで相手のメリットに変える。

6.チームワーク化

相手が「面倒くさいと思っている」「やる必要性がそこまで見つからない」ときにこいつが効果を発揮します。お願いを相手任せにするのではなく、「一緒にヤりやりましょう」とあなたと相手をチームワーク化するのです。人はひとりだったらしないようなことでも誰かがやるなら自分もやりたくなるのです。なぜなら人がコミュニティを大切にし、集団行動する動物だからです。

7.感謝

こちらは最終手段にして最大の方法です。

これまでの切り口がどれも使えないときに使います。

感謝が入ると、人はお願いを拒否しにくいのです。

おっぱいを揉ませてください。」

➡︎あなたのメリットでしかない。

「いつもありがとう。おっぱい揉ませてくれないかな?」

➡︎感謝から入ると、「ノー」と言いにくい。 

 

いかがでしたか?ここまで読んだだけでもあなたはすごいテクニックを7つも知ることができました。

「今すぐにでも使いたい!」とうずうずしているのではないでしょうか?

安心してください。今からもう使えます。

実践しておっぱいを揉みまくりましょう!(自己責任でお願いします。)

 

最後に

 この記事では『伝え方が9割』で習得できる2つの技術

  • 『ノー』を『イエス』に変える技術
  • 『強いコトバ』をつくる技術

のうち、前者のみを具体例と一緒に紹介しました。

本にはこれらの技術についてもっと身近な事例、著者の経験を交えてかなり詳しく解説されています。

後者の『強いコトバ』をつくる技術も必見です。

『伝え方が9割』なだけに読む人のことをきちんと考えてくれています。

わかりやすくてとても読みやすいのであっという間に読み終わりました。

この記事を読んで少しでも興味をもった人は是非読んでみてください。

 

広告を非表示にする